ローパー。 Roper!  クライマーではなくローパー

ロープアクセス技術を使って作業する人のことを、『ローパー』と呼ぶことにします。 

覚えやすい! 聞いたことない! 短い! (良いイミで)耳に残る! カワイイ💛

しばらくはローパー(ロープテクニシャン)、ローパー(ロープエンジニア)と併記しましょうか? ロープテクニシャンとは、ロープ作業員。 ロープエンジニアとは、ロープ技術者の意味です。 

ロープユーザー・・・と英語的には呼ぶようですが、いまいちしっくりこないです。

クライマー・・・・と呼ばれることが多いですが、ロッククライミングするクライマーとは別物なので、違和感があります。 ロッククライミング技術でロープアクセスするのは、ロープの切断事故等の重大事故の可能性があるので厳禁です。